ヤリス・ジャガーは武士道、ポルシェ・キャデラックは合理主義、国の文化が見える? (1)

2020年11月10日 08:52

小

中

大

印刷

トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 カーグラフィック(CAR GRAPHIC)の松任谷正隆氏、田辺憲一氏の世界では、クルマを文化として捉えていると感じている。半世紀前ほどであったと思うが、月刊誌カーグラフィックを読んでいて、データで評論しなくなった時には物足りなさを感じたのと、事実を感覚で表現できるのかを訝しんだ。人間の感覚はそれぞれであるため、とても基準となる説明は出来ないと思ったからだ。

【こちらも】新(真)「羊の皮を被った狼」トヨタ・ヤリスGR 直3気筒 1.6Lターボ 燃費36.0km/L (1/3)

 しばらくして、月刊カーグラフィックを読まなくなった。買いたいクルマの性能が分からなくなったからだ。現在は「文化」としての捉え方は大いにあってしかるべきだが、その基準が個人の感覚論では、やはりジャーナリズムとしてはまずいと思っている。

 20年ほど前、あるマンションの地下駐車場で松任谷氏に出会った。私のクルマを駐車していた場所のすぐそばに、松任谷氏のクルマがいつも駐車してあったからだ。クラシックなクルマで、私には車種が判別できなかった。しかし、松任谷氏の「自動車文化論」が伝わってきていた。

■技術の特徴は文化の特徴

 現在では、すっかり自動車文化論を楽しむのが身についてしまった筆者だが、「技術と文化は連動している」と思っている。クルマも「お国柄」とでも言うべき特徴が明確になっている。メーカーごとの文化も詳細に感じることが出来る。クルマを楽しむのに、性能ばかりではなく、そのクルマの文化を楽しむ方法が大変楽しいと今は思っている。

 技術的な特徴が明確になるのは、飛行機の方が際立っている。それはたぶん、クルマよりも技術的に厳しい条件下に置かれているからであろう。「技術の特徴は文化の特徴」と言えるほど際立つ。現代の飛行機でもかなりの特徴が見られるのだが、最近は「クルマの方が飛行機より特徴的だ」と言えるだろうか?

■ゼロ戦・スピットファイア・Bf109・F4F

 第2次大戦時の代表的な戦闘機を見ると、「お国柄」が色濃く出ていることに気付く。

 日本のゼロ戦、イギリスのスピットファイアは、武士道と騎士道の特徴がよく出ている。両国とも「一騎打ち」を主として考えられており、翼面荷重や視界の重視で格闘戦を想定していることが明白だ。それは両機とも造りにくい繊細さも持ち合わせていた。

 一方で、ドイツのBf109、アメリカのF4Fは合理主義で、一撃離脱戦法を考えて作られている。もちろん造りやすさも考えられて、割り切った形状をしていた。ドイツは全く合理主義で、アメリカはさらに豪放さが目立つ特徴がある。両機とも集団戦法が前提で、精神論・一騎打ちの日本とは正反対の考え方で造られていた。

 このように、戦闘機においては技術的に厳しい性能が要求されているため、特徴がよく表れるのだ。現在では「中国文化」に注目する必要があるだろう。「豪快」なのか?「まねっ子」なのか?は分からない。日本のように緻密ではないようだが、軍事やビジネスの特徴が、もう一つはっきりとしない。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

続きは: ヤリス・ジャガーは武士道、ポルシェ・キャデラックは合理主義、国の文化が見える? (2)

関連キーワードトヨタ自動車ドイツアメリカ中国イギリスキャデラックポルシェジャガーヤリス

関連記事

広告