ポルシェのニュース一覧

カイエンのラインアップに加わった最上級となる「カイエンターボSEハイブリッド」(右)と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」

ポルシェAGは車両電動化を積極的に推し進めている。 08/13 20:59

スープラの復活は、2019年上半期における自動車業界最大のトレンドであろう (画像:トヨタ自動車の発表資料より)

スープラやNSXなど、かつてカーマニアを熱狂させたスポーツカーが、近年相次いで復活している。 08/13 08:40

「スポーツSUV」の一台であるメルセデス・ベンツ・GLCクラス クーペ (画像: メルセデスベンツ・ジャパンの発表資料より)

スポーツカーの形をしたSUVは、初めて見る人にとっては衝撃的であっただろう。 08/11 18:19

マリタイムブルーはポルシェの象徴ともいえる特別なカラーリングだ。(画像:ポルシェジャパン発表資料より)

ポルシェは、ポルシェエクスクルーシブマニファクチャーの特別仕様車を発売すると発表した。 08/11 08:12

新型「911カレラ/911カレラ カブリオレ」。(画像: ポルシェの発表資料より)

ポルシェは7月30日、新型911カレラ/911カレラ カブリオレを発表し、伝統の911シリーズの刷新を完了した。 08/03 12:09

前19インチ235/40ZR、後20インチ295/35ZRと前後異径タイヤを採用したポルシェの新型911カレラのクーペおよびカブリオレ

独ポルシェAGは第8世代となった911シリーズに新型911カレラを追加してモデルレンジを拡充すると発表した。 08/01 16:03

トヨタ・RAV4(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

世界的SUVブームは続く。 07/09 19:44

上海でデモンストレーション走行を行ったポルシェ・タイカンのプロトタイプ。(画像: ポルシェAGの発表資料より)

ポルシェは6月28日、同社初の純粋電動カー(BEV)、「タイカン(Taycan)」の開発が順調であることを発表した。 07/08 17:22

メルセデス・ベンツ EQC 400 4MATIC (欧州仕様)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)

1日(現地時間)、上海でドイツ自動車メーカーのポルシェが開発を進めるEV(電気自動車)、タイカンのプロトタイプがデモンストレーション走行を行った。 07/08 16:42

トヨタ・クラウンに採用されているTNGAのFRプラットフォーム。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

車の運転を楽しむなら、FR・FF・MR・RR・AWDなど、エンジン装備の位置と駆動輪の位置の差を感じとれたほうが、面白さは増すだろう。 06/25 18:21

第47回ニュルブルクリンク24時間レースで総合優勝したAudi Sport Team PhoenixのAudi R8 LMSの4号車

2019年6月23日、第47回ニュルブルクリンク24時間レースは、最後の瞬間までスリリングな展開だった。 06/25 08:33

新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)

ポルシェの718シリーズに、新型「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」が追加されることになった。 06/19 21:40

ポルシェ・ジャパンは、第3世代のカイエンへ新たに追加されたプラグインハイブリッドモデル(PHEV)、「カイエンEハイブリッド」の予約受注を6月7日よりポルシェ正規販売店にて開始すると発表

ポルシェ・ジャパンは、第3世代のカイエンへ新たに追加されたプラグインハイブリッドモデル(PHEV)、「カイエンEハイブリッド」の予約受注を6月7日よりポルシェ正規販売店にて開始すると発表した。 06/11 09:13

トヨタがレストアのためのパーツ再生産を決めた1986年に国内では2代目セリカXXを引き継いで登場したスープラ(A70型)、3リッターツインカムターボ「7M-GTEU」搭載車は「TOYOTA 3000GT」と呼ばれた

トヨタ自動車が80年代から90年代にかけて販売していたスポーティモデル「スープラ/SUPRA」の修理・再生、いわゆるレストレーションを支援するための「ヘリテージ・パーツ・プロジェクト」をスタートさせる。 06/02 19:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告