日米、月面有人探査のアルテミス計画への協力で正式合意

2020年7月15日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 NASAとJAXAは7月9日(日本時間7月10日)、国際宇宙ステーションの協力継続とともに、NASAの計画しているアルテミス計画に協力することで合意した。今回の合意は共同声明(JEDI)の形で行われている。アルテミス計画はNASAが2024年に予定している月面有人探査計画。今回の合意では、月を周回する新たな宇宙ステーションの建造計画(ルナゲートウェイ構想)などへの日本の協力も含まれている。

対象となる協力範囲は、人間とロボットの両方における月面調査とされており、このため、日本の宇宙飛行士が月に行けるかも的な報道も出ているが、まあ過剰な期待はしないほうがいいだろう(NASATechCrunchNHK)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | アナウンス | 宇宙

 関連ストーリー:
NASA、2024年に月面で使うトイレの設計コンテストを開始 2020年06月28日
失われたアポロ10号用のプログラム、ドキュメントや変更履歴メモ、チェックサムなどを元に再現 2020年06月17日
トランプ大統領、月の採掘権を主張する大統領令を発令 2020年04月17日
内閣府、2050年までのムーンショット目標を決定 2020年02月10日
NASAの有人打ち上げ対応ロケット「SLS」のコア部分が完成、実際にタンクを破壊する耐久実験も実施 2019年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットNASA宇宙航空研究開発機構(JAXA)国際宇宙ステーション(ISS)

関連記事

広告