Mozillaのファイル送信“Firefox Send”運用中止に マルウェア拡散に悪用

2020年7月10日 18:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Mozillaが運営しているファイルを手軽にやり取りするための「Firefox Send」サービスが運用を停止した。2019年後半以降、その利便性からマルウェアコミュニティで広く利用されてしまい、サイバー犯罪に悪用されるようになっていたことが理由だと報じられている(窓の杜)。

仕様的にマルウェア本体を暗号化することで検知されにくくしてしまう点や、Firefox Sendの「send.firefox.com」というドメインの信頼性の高さも、マルウェア拡散につながる要因につながってしまっていた模様。サービスの再開時期は不明。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Mozilla | IT

 関連ストーリー:
Firefox 75で導入されたアドレスバーの拡大/縮小仕様、てんかんの引き金になると報告を受け対応 2020年06月15日
Mozillaがファイル送信サービス「Firefox Send」をリリース 2019年03月15日
Firefoxの実験的機能をテストするFirefox Test Pilot、終了へ 2019年01月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFirefoxMozilla

関連記事

広告

財経アクセスランキング