Windows 10 Build 20150、WSL上でCUDAが利用可能に

2020年6月26日 19:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Microsoftは17日、Windows 10 Insider Preview「Build 20150」を公開した。このBuild 20150では「Windows Subsystem for Linux」(WSL)の機能強化が行われている。要望の多かったCUDAやDirectMLといったGPUコンピューティングをサポートすることで、機械学習・AI開発やデータサイエンスなどが実行可能となった(ZDnet窓の杜PC Watch@ITSlashdot)。

GPUコンピューティングのサポートでは、要望の多かったNVIDIAの「CUDA」のサポートと、Microsoftの低レベルAPI「DirectML」のサポートが含まれている。NVIDIA以外にもAMDおよびIntel製GPIについてもサポートされている。

これに合わせてAMD、Intel、Nvidiaは、WSL上のDirectML TensorFlowパッケージをサポートするプレビュードライバーをリリースした。AMD製GPU用のドライバは、Vegaグラフィックス搭載のRadeonおよびRyzenプロセッサーで使用可能。Intel製のドライバは、Ubuntu 18.04およびUbuntu 20.04でのみ検証されているとしている。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | アップグレード | マイクロソフト | Windows

 関連ストーリー:
Windows 10 May 2020 Update、一般提供開始 2020年05月28日
Windows 10 バージョン2004 「May 2020 Update」完成 2020年04月18日
Windows 10 Insider Preview ビルド19603、エクスプローラーにLinuxアイコンが追加される 2020年04月11日
WSL 2のLinuxカーネル、Windows Update経由での配布に変更へ 2020年03月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10IntelLinuxUbuntuNVIDIA

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース