延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施

2020年6月15日 17:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていたTLSバージョン1.0および1.1(TLS 1.0/1.1)の無効化がついに行われるようだ。Firefoxでは、6月30日公開のFirefox 78でデフォルトでTLS 1.0/1.1の無効化が行われる(MozillaのBugzilaFirefoxサイト互換性情報)。

 HTTPSなどの暗号化通信で使われるTLSのバージョン1.0および1.1では脆弱性が発見されており安全ではないとして、2020年中に主要WebブラウザではTLS 1.0/1.1のサポートが廃止される方針だった

 Firefoxだけでなく、Google Chromeの次期バージョンであるChrome 84でもTLS 1.0/1.1のサポートが削除される予定(窓の杜)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | Chrome | セキュリティ | Firefox | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Microsoft、TLS 1.0/1.1のデフォルト無効化を延期 2020年04月04日
Mozilla FirefoxがTLS 1.0/1.1の有効化を検討、新型コロナウイルスの影響で 2020年03月23日
Google、ChromeでのTLS 1.0/1.1サポート終了に向けた今後の計画を発表 2019年10月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle脆弱性ChromeFirefoxMozillaTLS新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース