中国、大型ロケット「長征5号B」の初打ち上げに成功 破片の一部は西アフリカに落下?

2020年5月19日 17:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AC0x01曰く、

 中国は5月5日、将来の有人宇宙船や宇宙ステーション打ち上げ用に開発していた大型ロケット「長征5号B」の初打ち上げに成功した(人民網Sorae)。

 長征5号Bは2016年に打ち上げられた長征5号の増強版で、低軌道に25tの打ち上げ能力を持つ同ロケットの最大構成となるバージョンである。1段半型とも言われる構成となっており、小型の2段目の代わりに大型のコアステージを用いることで、従来よりも大きなペイロードを確保しているという。今回の打ち上げでは、同じく開発中の次世代有人宇宙船の試験機が搭載され、この試験機も8日に地球帰還を果たすなど、ロケット・宇宙船双方ともミッションを達成したようである(人民網のカプセル回収記事)。

 一方で、重さ17.8tもの大型のコアステージが軌道上で切り離される仕組みから、打ち上げ当初から残骸が燃え尽きずに地上に落下するのではとの懸念が報じられていた。実際に5月11日にコアステージが大西洋上で大気圏再突入を果たすと、その進路上にあった西アフリカのコートジボワールでは、長さ10mや50kgの金属管が落下して一部が民家の屋根に刺さる被害が出たと報じられている。中国は来年以降、独自の宇宙ステーション建設のために長征5号Bを複数回打ち上げることを計画しているが、この問題が対処されるのかが騒動となるかもしれない(SoraeGIGAZINESlashdot)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | 中国

 関連ストーリー:
2019年のロケット打ち上げ回数、中国が2年連続1位 2019年12月28日
長征3Bのブースターが集落近くに落下、大爆発の様子がSNSにアップされる 2018年01月17日
中国、新型大型ロケット「長征5号」の初打ち上げに成功 2016年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国アフリカロケット長征5号

広告