NASA、今秋国際宇宙ステーションへ向かうソユーズの座席追加購入に成功

2020年5月16日 14:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 NASAは12日、国際宇宙ステーション(ISS)に米宇宙飛行士を送り続けるため、今秋打ち上げられるソユーズの座席を追加購入することでロスコスモスとの交渉を完了したことを発表した(NASA公式ブログ)。

 米民間宇宙船によるISSへのクルー輸送ミッションを受注したBoeingとSpaceXは宇宙船開発の最終段階に入っており、早ければ5月27日には最初の有人デモ飛行となるSpaceXのDemo-2ミッションが実施される。しかし、ISSに米宇宙飛行士を送り続けるには、米民間宇宙船による定期的なクルー輸送が可能になるまでソユーズに頼るしかない。民間宇宙船によるクルー輸送計画は延期が繰り返されており、NASAはソユーズの座席予約たびたび追加している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ビジネス | 国際宇宙ステーション | サイエンス | 宇宙 | アメリカ合衆国 | NASA

 関連ストーリー:
宇宙飛行士の野口聡一氏、米SpaceXの有人宇宙船Crew Dragonへの搭乗が決まる 2020年04月03日
NASA、国際宇宙ステーションへのクルー交代ミッションでロスコスモスとの追加契約を検討 2019年02月19日
国際宇宙ステーションの空気漏れの原因となったソユーズMS-09、地球に無事帰還 2018年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASASpaceX国際宇宙ステーション(ISS)

関連記事

広告