台湾、新型コロナで隔離措置を受けている人を監視するスマホアプリ導入

2020年3月26日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染者や感染が疑われる人の隔離措置が世界各国で行われているが、台湾ではこの隔離措置の対象者を監視するスマートフォンアプリが開発されたそうだ。このシステムは対象者のスマートフォンの位置情報を監視し、対象者がその住所から離れると警察や当局に通知するというもの。また、スマートフォンの電源を切った際にも通知されるという(Reuters)。

 ただ、こういった監視に対しては当然ながら不満の声も出ているようだ。

 なお、隔離措置を受けた感染者の監視についてはほかのアジア諸国でも行われており、次のようなシステムが導入されているそうだ。

 香港:位置追跡機能を備えたリストバンドの配布シンガポール:感染者のスマートフォンにテキストメッセージを送信し、それに対応して家にいることを証明しなければならないタイ:空港に到着した人すべてに対し管理用のアプリをダウンロードさせ、検査で陽性反応が出た場合にどこに居るのかを追跡ベトナム(ハノイ):追跡用のアプリを今週にも提供開始韓国、イスラエルなど:衛星ベースの感染者追跡システムを構築 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ニュース | 医療 | 携帯電話 | プライバシ

 関連ストーリー:
中国で公共交通機関利用時に新型コロナウイルス感染者と接触したかどうか確認できるWebアプリが公開 2020年02月16日
南オーストラリア州公衆衛生局、新型コロナウイルス感染者の移動経路を確認するため携帯電話追跡システムを活用 2020年02月11日
米国でも中国式社会信用システムのようなものがテック企業によって構築されつつある 2019年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国シンガポールタイ(国)台湾香港ベトナムイスラエル

広告

広告

写真で見るニュース

  • 地上から懸命に指示を送るNASAのフライトコントローラーの面々 (c) NASA
  • GMが開発したグローバルEVプラットフォーム(画像:General Motors発表資料より)
  • AIQの取り組み。(画像:AIQ発表資料より)
  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース