ライフ RSS

 

新型コロナウイルス、致死率の高低は何に由来するのか

2020年3月23日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 maia曰く、

 コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染者はドイツでも1万人を超えており、20日現在では感染者数15,439名になったという。ただ、志望者数は44名で、致死率はまだ0.28%と低い(実はオーストリアも低い)。ちょっと不思議だったが、これは60代以上の感染者が少なかったのが一因かもしれないという(pelicanmemo)。ただ感染者の平均年齢は上昇傾向にあるそうだ。

 一方イタリアの感染者は41,035名、死亡3,405名(20日)で、致死率は8.3%もある。人と人の距離が近い文化習慣や、高齢者との同居世帯が多いとかあるかもしれないが、それにしても国によって差が大きい。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
Mozilla FirefoxがTLS 1.0/1.1の有効化を検討、新型コロナウイルスの影響で 2020年03月23日
「さくらのクラウド」未使用HWでFolding@homeの新型コロナウイルス解析に参加 2020年03月23日
新潟市で「ドライブスルー方式」による新型コロナウイルスの検体採取が実施される 2020年03月20日
「ダウ30種平均の週次リターンが統計学上の正規分布になると仮定すると1600億年に1度」という株価変動が発生 2020年03月18日
相模原中央病院の新型コロナウィルス肺炎症例報告が公開される 2020年03月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツオーストリア高齢者イタリア新型コロナウイルス

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース