Microsoft、Xbox Series Xの詳細なスペックを発表

2020年3月18日 07:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftは2月24日次世代Xboxとなる「Xbox Series X」の仕様を一部公開していたが(過去記事)、3月16日にXbox Series X内部構造イメージや詳細スペックの公表が行われた

 CPUはAMDのZen 2をベースとしたカスタム品で、8コア・3.8GHz動作。GPUはAMDが2020年末までに製品を投入する予定となっているRDNA 2(Navi 2x)アーキテクチャで、GPUクロックは1.825GHz、演算ユニット(CU)数は52、演算能力は12 TFLOPS。メモリはGDDR6で16GB。ストレージは1TBのSSDを搭載し、ストレージの拡張やUSB 3.2ポート経由での外付けストレージ接続にも対応する。光学ドライブはBlu-rayドライブで、4K解像度のUHDビデオの再生もサポートする。また、DirectX Raytracingによるレイトレーシングのハードウェアアクセラレーションにも対応する。

 これらは現行のハイエンドゲーミングPCに迫るスペックであり、価格が気になるところだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | マイクロソフト | ゲーム

 関連ストーリー:
Microsoft、12 TFLOPSのGPUパフォーマンスなどXbox Series Xの仕様を一部公開 2020年02月28日
PlayStation 5の価格は約4万9,000円? 価格設定に苦慮 2020年02月18日
AMDが公開したXbox Series Xの映像に未発表の情報が含まれていると話題に、AMDはこれについて正確なものではないとコメント 2020年01月10日
次世代Xbox「Xbox Series X」が発表される 2019年12月13日
なぜ日本人はXboxを買わないのか 2019年10月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftSSDアクセラXbox Series X