ライフ RSS

 

中国武漢で新型コロナウィルスによる肺炎が拡大、日本でも陽性患者を確認

2020年1月17日 18:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国・湖北省の武漢で、新型コロナウイルスと見られるウイルスが原因の肺炎が発生しているという。すでに2名の死者が出ているほか、日本国内でも武漢を訪れその後帰国した日本人からウイルスの陽性反応が出たとの報道がある(CNNFNN朝日新聞NHK厚生労働省の発表)。

 このウイルスに関しては、タイでも武漢から来た中国人観光客が感染していたことが確認されており、感染の拡大が危惧されている。

 スラドのコメントを読む | 医療 | 中国

 関連ストーリー:
MERS(中東呼吸器症候群)、韓国で感染拡大中 2015年06月03日
中国で手足口病の感染が拡大 2008年05月08日
SARS研究者が防御目的でウィルスのDNAを特許出願 2003年05月06日
中国でSARSワクチンの試験接種開始 2004年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国タイ(国)厚生労働省