中国の裁判所、AIが生成した文章に著作権を認める

2020年1月13日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

中国・深セン市の地方裁判所、南山区人民法院がAIの生成した文章に著作権を認めたそうだ(VentureBeatの記事China Dailyの記事[1][2]人民網の記事)。

この裁判はTencentのAIライター「Dreamwriter」が生成した株式市況記事について、無断転載したWebサイト網貸之家(wdzj.com)の親会社をTencentが訴えていたものだ。裁判所ではDreamwriterが生成した記事が独自の選択・分析・判断を含んでおり、言語の著作物の要件を備えていると判断。被告に1,500人民元の賠償金支払いを命じたとのこと。

AIの生成物に著作権が認められるかどうかについては昨年、米特許商標庁(USPTO)世界知的所有権機関(WIPO)が相次いでパブリックコメント募集を行っている。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 法廷 | 人工知能 | ニュース | 著作権 | 中国

 関連ストーリー:
AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される 2020年01月07日
AIによる作曲技術を持つ企業、ゲーム音楽のBGMを手がける 2018年02月06日
人工知能が作った創作物の権利、現行法上はどうなっているのか 2017年03月22日
著作権侵害サイトへのハイパーリンクを著作権法で取り締まれるようにする議論が進められる 2016年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権中国特許裁判

関連記事

広告

財経アクセスランキング