データ消去マルウェア「ZeroCleare」発見、中東のエネルギー企業がターゲットか

2019年12月10日 18:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 IBMのサイバーセキュリティ部門「X-Force」がデータ消去を行うマルウェアを発見、「ZeroCleare」と名付けた(ITmediaGIGAZINESlashdotZDNet)。

 このマルウェアは端末上のMBRやディスクパーティションを破壊する機能を備えており、中東地域のエネルギー企業を狙ってイラン政府が支援するサイバー攻撃グループが開発したものではないかと推測されている。また、2012年にサウジアラビアで3万台以上のコンピューターを破壊した「Shamoon」というマルウェアと高いレベルで類似しているそうだ。

 攻撃者はターゲットのネットワークに何らかの手段で侵入し、ほかの脆弱性と組み合わせてネットワーク内の端末にこのマルウェアをインストールして管理者権限で実行することを試みるという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | インターネット | IT

 関連ストーリー:
インフラや産業機器メーカーを狙うサイバー攻撃 2014年07月05日
「HDD内の全データを消去するマルウェア」を使った攻撃が発生、FBIが全米の企業に警告 2014年12月09日
韓国への DDoS 攻撃のマルウェア、システムデータを全消去する設計か? 2009年07月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性マルウェアセキュリティサウジアラビアIBMサイバー攻撃

広告

広告

写真で見るニュース

  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
  • トヨタ・ハイランダー(画像: 米国トヨタの発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
 

広告

ピックアップ 注目ニュース