Microsoft、マルウェア対策ソフト「Defender」をLinuxでも利用可能にする方針

2019年11月14日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 MicrosoftがWindows向けに提供しているセキュリティ機能「Defender」のLinux版が今後提供される予定だという(ZDNetFOSSBYTESSlashdot)。

 MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントであるRob Lefferts氏が述べたもの。すでにMac向けに「Microsoft Defender ATP for Mac」がアナウンスされているが(過去記事、Linux版については2020年に利用可能になるという。

 なおTechSpotの10月の記事によると、DefenderはAV-Comparativeによって行ったテストで、オンライン保護率99.96%を達成。トップ10入りに成功したとしている。具体的には8位でAviraと同率だった

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | セキュリティ | マイクロソフト

 関連ストーリー:
Windows Defender、AV-TESTで満点を初めて獲得 2019年08月02日
Microsoft、エンドポイントセキュリティソリューションをMacにも提供へ 2019年03月24日
Windows Defender Application Guard、他社ブラウザー用拡張を提供開始 2019年03月21日
Windows Defenderウイルス対策、サンドボックス内実行が可能になる 2018年10月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアセキュリティMicrosoftWindowsMacLinux

広告