ライフ RSS

 

副業を始めるのにぴったり! 様々なマッチングサービス

2019年11月1日 12:04

小

中

大

印刷

 副業を始めようとする人の中で、自分で何か事業を始めるのは負担が・・と考える人も多いだろう。かといって普通にアルバイトを行うのもちょっと・・というのが本音かもしれない。

【こちらも】起業の前にまずは副業から始めるべき理由

 そんな人におすすめなのが、ネット上にあるマッチングサービスだ。クラウドワークスやランサーズなどの名前は一度は聞いたことがあるかもしれない。自分に合ったサービスを選ぶことで、確実に副業の仕事を受注していくことが可能だ。

■マッチングサービスには大きく分けて3つの形態がある

 1つ目は、クラウドソーシング系だ。クラウドワークスやランサーズ、サグワークスなどがこれにあたる。

 サイトに登録をするとその運営会社が取り扱っている案件を検索・閲覧できるようになる。その中から自分でできそうな案件を選んで副業を探すことができる。

 まったく副業をやったことが無い人にもおすすめだ。まずは登録だけ行い、どのような仕事があるのかを眺めてみて、自分にできそうなものを探してみるのにもちょうどいいだろう。

 2つ目は、スキル販売系だ。近頃テレビCMでも見かけるココナラや、SKIMA、ANYTIMESなどがこれにあたる。1つ目のクラウドソーシング系とは真逆で、自分の持つスキルや経験を商品としてサイトに掲載をすることで、依頼者からのオファーを待つというものだ。

 自分のスキル・経験が売り物になると分かっているときは、こちらのサービスを使うほうが受注件数や単価アップにつながるだろう。また、自分のスキルに合ったオファーしか原則来ないため、マッチングミスを防ぐことが可能となる。一方で、需要が無い場合はまったくオファーが来ないので、その点は注意したい。

 3つ目は、エージェント紹介系だ。ミッドワークスやレバテックなどがこれにあたる。これは、主にエンジニアやデザイナー、新規事業の立ち上げサポートなど、高度・専門的なスキルが要求されることが多い。

 一度登録を行うことで、そのスキルや経験に合った仕事が見つかり次第、担当エージェントから紹介を受けるという形になる。特別な資格を持っていたり本業で大きな実績を上げていたりする人は、こちらからすすめていくのが良いだろう。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード副業クラウドソーシングクラウドワークスランサーズ