YouTubeに虚偽の著作権侵害申し立て行ったユーザー、「虚偽申請禁止」に

2019年10月25日 18:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 以前YouTuberに対し「虚偽の通報を行なってアカウントを凍結させる」と脅迫、金銭を要求した容疑者が逮捕される事件があったが、YouTubeとこの容疑者であるChristopher Brady氏の間で起こされていた訴訟が「今後著作権侵害通報を行うことを禁止する」などの条件で和解されたとのこと(ITmediaThe VergeDigital Music News)。

 合意の条件は、今後YouTubeへの著作権侵害通報を行うことを禁止すると共に2万5,000ドルの損害賠償支払うこと、公に謝罪を行うことだという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 法廷 | スラッシュバック | 著作権 | YouTube

 関連ストーリー:
YouTuberに対し「虚偽の通報を行なってアカウントを凍結させる」と脅迫、金銭を要求した容疑者が逮捕される 2019年08月22日
ヘイトスピーチを含むYouTube動画、ユーザーからの報告で大量削除。公式チャンネルも多数凍結に 2018年05月29日
米国の著作権団体とISP、4年間運用された著作権侵害警報システムの運用を停止 2017年02月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害YouTube

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース