三菱電機、レベル4自動運転実現を目指す新たな自動運転技術を開発

2019年10月22日 09:41

小

中

大

印刷

三菱電機の自動運転実証実験車「xAUTO」。(画像:三菱電機発表資料より)

三菱電機の自動運転実証実験車「xAUTO」。(画像:三菱電機発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 三菱電機は21日、レベル4自動運転の実現を視野に入れた新たな自動運転技術を開発し、自動運転実証実験車「xAUTO(エックスオート)」に搭載したと発表した。当該車両は、東京ビックサイトで10月24日から11月4日にかけ開催される、第46回東京モーターショー2019に出展される。

【こちらも】三菱電機、人工衛星搭載技術用いて人の行動把握もできる赤外線センサー開発

 今回開発された自動運転技術は、精度の高い地図情報が用意されていない一般道での走行、屋内・屋外での無人自動駐車など、一般道の様々な場面に適用可能な新たな技術である。

 三菱電機はこれまで、ミリ波レーダー・カメラなどを用いて周辺をセンシングする「自律型走行技術」と、準天頂衛星システムによるセンチメータ級測位補強サービス「CLAS」の信号、そして高精度の三次元地図を利用する「インフラ型走行技術」による自動運転システムを開発し、高速道路において自動運転の実証試験を行っていた。

 今回はそれをさらに発展させ、一般道での自動運転を含めた実験を開始したわけである。

 開発された技術の主な特徴をあげていこう。まず、「ローカルマップ」である。CLASの信号を用いて走行中に自身の位置を把握し、過去に走行したルートをセンチメータ級の制度で記録、これをローカルマップとして保持する。そしてそれに沿った自動運転を行うことで、高精度な地図を事前に必要としない自動運転を実現する。

 屋内駐車に関しては、駐車場のランドマークから正確に自身の位置を把握する。そして走行ルートに合わせた走行制御を行い、無人自動バレー駐車を実現する。

 また、周辺の状況を高精度に認識するセンターフュージョン技術を搭載している。複数のセンサーの情報を、処理時間のばらつきを考慮して組み合わせるというものだ。

 三菱電機は、今後同社が持つ鉄道や空港向けの管制技術、そして独自AI「Maisart(マイサート)」などを組み合わせ、レベル4自動運転の実現を目指していくという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード自動運転東京モーターショー三菱電機

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース