人工惑星になったテスラロードスター

2019年8月22日 07:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2018年2月に米SpaceXが打ち上げた「Falcon Heavy」にはダミーのペイロードとしてTesla Roadsterが載せられていたが、このLoadsterが1年6か月かけて軌道を周回し、打ち上げ当時に地球があった場所に戻ってきたという(ギズモード・ジャパンelectrek)。

 打ち上げられたRoadsterが現在太陽系上のどの場所にいるかは、whereisroadster.comというサイトで確認できる。これによると、Roadsterの軌道は地球の軌道よりもやや大きいようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | 交通

 関連ストーリー:
SpaceX、Falcon Heavyロケットの初打ち上げに成功 2018年02月08日
Falcon Heavy デモフライト、積荷はTeslaの初代Roadsterに 2017年12月07日
「スポーツ電気自動車」Tesla Roadster、電気自動車の最長走行距離を更新 2009年10月30日
ファルコン・ヘビーで打ち上げられたイーロンマスクの愛車、火星に行かずに戻ってくるかも 2018年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロードスターテスラモーターズSpaceX

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース