ハピロボ、パーソナルロボット「temi」販売 開発元と総代理店契約

2019年8月12日 08:58

小

中

大

印刷

「temi」(画像: hapi-robo stの発表資料より)

「temi」(画像: hapi-robo stの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 hapi-robo st(以下、ハピロボ)は9日、米パーソナルアシスタントロボットメーカーのtemi USA(以下、temi社)と国内総代理店契約を締結したことを発表した。自律走行が可能なAIアシスタント機能を持つパーソナルアシスタントロボット、「temi - The Personal Robot(以下、temi)」を今秋から販売する予定だ。

【こちらも】ソフトバンクGのお掃除ロボは売れ筋になるか?

 temi社は米ニューヨーク州に拠点を持つロボットメーカーで、同社が開発した「temi」は、AIアシスタント機能を持つ自律走行可能なパーソナルアシスタントロボットだ。16のセンサーを使ってリアルタイムに顔認証を行い、障害物を回避、自分についてくるように指示を出し、目的地まで案内をさせることができる。

 世界中のどこにいてもtemiにアクセスすることで、自分がその場にいるかのように自由に移動させたり、ビデオ会話を行うこともできる。

 temiに搭載しているAIアシスタント機能を利用することで、スマートスピーカーと同じようにハンズフリーで話しかけると、情報の検索、家電の操作、ビデオ通話、メディア再生などを行うことができる。また、ソフトウェア開発キット(SDK)が用意されているため、開発者が顧客対応、教育、医療などの様々な分野に向けて独自のアプリケーションを開発できる。

 ハピロボは、今回のtemi社との契約締結により、「人の能力を引き出し成長させる」ことの実現に向け、パーソナルアシスタントロボットの活用提案をしながら、他のtemi社の代理店やインテグレーションパートナーと協力して販売する予定だ。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワードロボット人工知能(AI)

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース