転職後に給料増加の転職者割合が減少、ITエンジニアも同傾向

2019年8月6日 07:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 リクルートキャリアによる、2019年4〜6月期の転職時の賃金変動状況調査結果によると、転職したITエンジニアのうち賃金が1割以上上がった割合は前年同期比で2.6ポイント減の29.7%だったそうだ(リクルートキャリアの発表日経新聞)。

 また、転職者全体のうち、賃金が1割以上増加したのは29.0%で前年同期比1.1ポイント減。そのほかの職種では、機械・電気・化学エンジニアが25.8%(0.5ポイント減)、営業職が30.6%(0.5ポイント増)、事務系専門職が27.0%(0.7ポイント減)、接客・販売・店長・コールセンターが33.2%(2.9ポイント減)

 なお、転職時の賃金変動状況は景気指標と連動する傾向が強いという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT | お金

 関連ストーリー:
"プログラミング言語別"の求人年俸額の順位、1位は「Python」で平均382万円 2014年11月05日
「スキルアップのための作業」が仕事のソニー・東京キャリアデザイン室 2013年03月25日
電機関連エンジニアの平均年収、日本と米国で格差広まる 2008年11月11日
IT管理者の88%が、「突然解雇されたら企業機密を持ち出す」と回答 2008年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード転職

広告