Google、二要素認証用の「Titanセキュリティーキー」を日本でも発売

2019年8月3日 08:49

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 二要素認証で利用できる物理セキュリティドングル「Titanセキュリティーキー」が日本でも発売された。価格は6,000円で、Googleストアから購入できるITmediaSlashdot)。

 昨年7月に米国で販売開始されていた製品で、Googleのアプリやサービスだけでなく、認証規格「FIDO」に対応するさまざまなサービスおよびハードウェアで利用できる。USB接続のセキュリティキーとBluetooth接続のセキュリティキーがセットになっており、片方をメインで使用し片方は安全に保管することが推奨されている。

 GoogleはTitanセキュリティキーについて、ハッキングやフィッシングからGoogleアカウントを保護するのに最も優れた方法の1つだとし、Google内で運用されているものと同等レベルのセキュリティを提供するという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ハードウェア | Google | セキュリティ

 関連ストーリー:
AndroidがFIDO2認定を取得 2019年02月28日
普及が進むパスワードなし生体認証規格「FIDO」 2018年12月14日
クロネコメンバーズの二段階認証、スマホ向けログイン画面には実装されていなかった 2019年07月29日
JALが携帯電話を使わない二段階認証を採用 2014年08月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleセキュリティBluetoothハッキングフィッシング

関連記事