中国の宇宙ステーション実験機「天宮2号」、7月19日に南太平洋に制御落下へ

2019年7月17日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国の宇宙当局が、宇宙ステーション実験機「天宮2号」について7月19日に制御下で大気圏に再突入させることを発表した(時事通信CNN)。

 天宮2号は2016年9月21日に打ち上げられた宇宙ステーションモジュール(アストロアーツ)。実験室としての設備が備えられており、2016年10月には宇宙飛行士の滞在ミッションも行われている(sorae過去記事)。

 2018年には天宮2号の高度が下がっていたことから落下するのではないかという話もあったが、その後軌道は修正されている(ハザードラボ)。

 中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」の大気圏再突入時は制御不能な状態になっていたのではないかとも言われているが(過去記事)、今回は制御下での大気圏突入を行うという。

 スラドのコメントを読む | 中国

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース