無許諾音楽アプリへの対策強化、日本レコード協会などが連名でAppleに要望

2019年7月13日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 著作権者に無断で音楽を配信する「Music FM」などの無許諾音楽アプリへの対策強化を求め、日本レコード協会などが連名でAppleに要望書を提出した(プレスリリースケータイWatchの記事CNET Japanの記事TorrentFreakの記事)。

無許諾音楽アプリを利用したことのある人は少なくない。Applivが発表したアンケート調査結果によると、15歳~19歳の約8割がMusic FMの存在を知っており、過去に使ったことがあるとの回答は約3割、現在でも使っているとの回答は4割にのぼる。こういったアプリに対する削除申請は日本レコード協会を通じて行われているが、削除後にアイコンやアプリ名、開発者名を変えてリリースされることも多いそうだ。また、Googleが1週間程度で対応するのに対し、Appleではアプリ開発者との協議を求めるため削除に時間がかかり、削除までに1か月以上がかかる場合もあるという。また、そのためAppleに対し要望を出すことになったとのこと。

なお、LINE MUSICは「無料アプリと比べて使い勝手の良さや入って得するサービスを提供したい」などと述べているが、前述のアンケート調査ではMusic FMを利用したことのあるユーザーのうち半数近くが定額音楽配信サービスについて「有料なら利用しない」と答えている。一方、海外では広告付きの無料プランが用意されているSpotifyの登場後に無許諾音楽アプリは一掃されたそうだ。

 実際のところApp Store・Google Playともに、「Music FM」のほか、「無料音楽」「free music」などのキーワードで検索するとそれらしいアプリがいくつもヒットする。中には正規の音楽ストリーミングアプリも含まれるが、AppleやGoogleでも識別できない無許諾音楽アプリをユーザーが識別するのは困難だ。また、、Spotifyは日本でもサービスが行われており、米国のApp Storeでも無許諾音楽アプリらしいものが多数ヒットするので、海外でSpotifyの登場後に無許諾音楽アプリが一掃されたという(誰が言っているのかも明確でない)話が正確に状況を説明しているのかどうかは不明だ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | ソフトウェア | 海賊行為 | 著作権 | アップル | 音楽

 関連ストーリー:
AppleやAmazonなどが海賊版デジタルミュージックを販売していると主張する訴訟 2019年05月23日
EFF曰く、オンラインビデオから音声トラックを抽出するサービスは違法ではない 2017年10月27日
デフ・レパードのギタリスト曰く、海賊版の音楽がバンドに若い聴衆をもたらしている 2017年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権GoogleAppleSpotify音楽ストリーミング音楽配信Google PlayLINE MUSIC

広告