ローソン、青森県内で健康志向のおにぎりとサンドイッチ発売

2019年6月25日 07:45

小

中

大

印刷

かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)

かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • チーズで食べるもち麦入りビーンズサラダサンド。(画像:ローソン発表資料より)

 ローソンは、青森県内の店舗262店(2019年5月末現在)で、限定のサンドイッチとおにぎりを販売する。商品は「かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり」と「チーズで食べるもち麦入りビーンズサラダサンド」の2品。

【こちらも】ローソン、「うなぎ蒲焼重」4品予約開始 「みちば和食 たて野」監修弁当なども

 2018年、青森県では、県と弘前大学、青森県食生活改善推進連絡協議会、そしてローソンが参加して「食物繊維と食生活啓発コンソーシアム」というものが立ち上げられた。今回発売の商品は、このコンソーシアムの監修を受けたものであり、健康長寿社会の実現を目指すという意味合いを持っている。

■かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり

 青森県の味噌メーカーであるかねさの「かねさ糀つぶ味噌 減塩」を用いた、味噌焼きおにぎり。現在も「かねさ味噌の焼おにぎり」という商品が販売されているが、それに比べて25%の減塩になっている。隠し味としてりんごの醤油を用い、また塩こうじと味醂で味を調え、大豆のコクとこうじの甘さを楽しめるようにしてある。

 発売日は6月25日、価格は消費税込(以下同)110円。

■チーズで食べるもち麦入りビーンズサラダサンド

 左右2層で違う味わい仕立ての、もち麦を使用したサンドイッチ。右側はえんどう・ガルバンソー・レンズ豆・黒大豆・あずきの5種類の豆、そして押麦・もち玄麦・玄米・赤米・たかきびの5種類の穀物、オニオンと豚ばらひき肉を使用してスパイシーに。左側はナッツと雑穀、オニオンとニンジンを加え、黒胡椒で仕上げてある。また両層にチーズを挟んで、食べやすさを増している。

 発売日は6月25日、価格は276円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード青森県ローソン

広告

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース