Firefox 67.0.2、保存のログイン情報がセキュリティソフトで消えるトラブル

2019年6月15日 20:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

一部の環境でFirefoxをバージョン67.0.2にアップデートすると、Firefoxに保存されていたログイン情報が消えてしまうトラブルが発生していたそうだ(gHacksの記事MozillaのBugzilla — Bug 1558765BetaNewsの記事Softpediaの記事)。

当初AvastやAVGが原因だと考えられていたが、AVGによるとAVGアンチウイルス本体ではなく、AVG Password Protectionというオプション機能を購入したユーザーだけが影響を受け、Avastユーザーは影響を受けないという。トラブルの原因は、Firefoxが新しいバージョンのブラウザーにサインインするための証明書を更新したが、AVGが新しい証明書に信頼できるとマークしていなかったためとのこと。

影響を受けた環境では、Firefoxのプロファイルフォルダー(通常は「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\<ランダムな文字列>.default」)内のログイン情報を格納するファイル「logins.json」がFirefoxにより「logins.json.corrupt」のようにリネームされている。データ自体は削除されていないため、Firefoxを終了してファイルを元の名前に戻せば復旧するそうだ。AVGでは問題を修正する更新プログラムを既に配布しており、製品バージョン「VPS 190614-02」以降では影響を受けないとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | Firefox

 関連ストーリー:
MozillaがFirefoxの拡張機能で難読化コードの使用禁止を発表した2日後、全拡張機能が動作しなくなるトラブルが発生 2019年05月04日
Windows版Firefox 65、セキュリティソフトウェアによる問題が発生して自動更新を一時中止 2019年02月02日
AvastやAVGを利用している環境でFirefoxがTLS 1.3を利用できなくなるトラブル 2018年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFirefoxMozillaAvastAVG

広告