トヨタとスバル、EV開発で協業 専用プラットフォームやSUVを開発

2019年6月7日 08:51

小

中

大

印刷

共同開発するEV専用プラットフォームのイメージ。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

共同開発するEV専用プラットフォームのイメージ。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は6日、中・大型乗用車向けEV専用プラットフォームと、CセグメントクラスのSUVモデルのEVを共同開発することで合意したことを発表した。共同開発の車両は、両社がそれぞれのブランドで販売する予定だ。

【こちらも】ついにスバル・XVのPHV登場 トヨタ方式のHVを搭載 電気式CVTをどうする?

 トヨタとスバル(当時は富士重工業)が提携関係を結んだのは2005年のことである。この年、2000年にGMが日産から購入した株式が業績悪化のために放出され、8.7%を購入したトヨタは富士重工業の筆頭株主となった。

 この提携はスバルに大きな恩恵をもたらし、両社の蜜月関係はこんにちに至るまで続いている(現在もトヨタはスバルの筆頭株主で、株式保有比率は16.82%)。

 2012年には共同開発したFRスポーツカーである「TOYOTA 86/SUBARU BRZ」を販売、2018年にはトヨタのハイブリッド技術を吸収したSUBARUから、SUBARUオリジナルのプラグイン・ハイブリッド車である「クロストレック・ハイブリッド」が米国で発売されている。

 自動車業界は「100年に1度」の変革期を迎えているといわれる。特に対応が急がれるのは、電動化という問題である。EVの開発にあたっては、旧来とは「異次元」の電池供給量を持つ大容量電池の開発・搭載が必要であり、また航続距離やインフラ整備などの問題から、販売手法においてもこれまでとは異なるアプローチが求められる。

 それらのニーズにスピード感のある対応をする必然性から、今回トヨタとスバルは協業に踏み切ったという形である。

 スバルではこれまでEVを独自開発中心に進めてきたが、今後はトヨタとの共同開発へとシフトさせていき、より魅力あるEVの実現を目指すという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車SUV電気自動車スバル

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース