トヨタとパナソニック、新住宅会社「プライム・ライフ・テクノロジーズ」設立

2019年5月12日 21:15

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

今回2社の協業について共同会見に臨んだ、トヨタ自動車 白柳正義執行役員(左)とパナソニック 北野亮専務執行役員

今回2社の協業について共同会見に臨んだ、トヨタ自動車 白柳正義執行役員(左)とパナソニック 北野亮専務執行役員[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車とパナソニックは、それぞれが所有する住宅関連事業を統合・合併し、新会社「プライム・ライフ・テクノロジーズ」を立ち上げる。背景には国内の住宅市場は先行きが厳しいことがあるからだ。野村総合研究所の予測では、2030年の新設住宅着工戸数は60万戸と、2017年度に比べ4割近く減るとしている。ハウスメーカー1位で大手の大和ハウス工業は物流施、同3位の積水ハウスはホテル建設など領域の拡大を図っている。トヨタとパナソニックは今後の住宅事業の市場縮小予測を睨んで、今回の決定に至った。

 トヨタとパナソニックは。これまで電気自動車(EV)向けの車載電池や自動運転技術の開発などそれぞれの本業でも協調体勢をとってきたが、そこでの巨額の開発費などを考慮して、事業の絞り込み、再構築に動いたわけだ。

 新会社「プライム・ライフ・テクノロジーズ」には2社による同率出資となる予定で、トヨタホームやその子会社ミサワホームも傘下に入る。ミサワは12月30日付で上場廃止となる。パナソニックホームズや松村組など子会社3社を移管する。新会社は三井物産からの出資を受けることも検討する。

 プライム・ライフ・テクノロジーズは住宅事業、建設事業、街づくり事業を総合的に手掛けていく計画で、住宅事業ではパナソニックホームズ、トヨタホームなど3ブランドを存続させながら、調達などの共通化でコスト削減を進める。

 2017年度の売上高は、トヨタホームが連結子会社のミサワホームを含んで5529億円(ミサワホームの売上高3885億円)、パナソニックホームズが2442億円だった。統合後は住友林業に次ぐ売上高5位となり、戸建住宅供給戸数約1万7千戸の国内住宅業界でトップクラスの地位を獲得する。

 両社は本合弁会社の設立を通じた協業により、トヨタが進めるモビリティサービスへの取り組みと、パナソニックが進める「くらし」のアップデートへの取り組みを融合させつつ、街全体での新たな価値の創出を目指す。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ポルシェ、ブランドの尖兵たるSUVカイエンにパワフルな462psのPHEVモデル登場
スマートホームの進化を促す、最先端プロセッサと超小型パワーマネジメントIC
「NISSAN e-シェアモビ」順調に拡大し、サービス開始1年で500カ所のステーション

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車合弁電気自動車自動運転パナソニック三井物産積水ハウス大和ハウス工業トヨタホームミサワホーム住友林業ミサワ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 水蒸気噴火のイメージ。
  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース