popteam、AIがSNSのフォロワー増やす「デジタルパンダ」を一般提供へ

2019年4月5日 09:03

小

中

大

印刷

(画像:popteamの発表資料より)

(画像:popteamの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 インスタグラムを中心としたマーケティング活動の支援サービスを提供するpopteam(東京都新宿区)は3日、同社が開発したSNSマーケティング支援ツール「デジタルパンダ」を、一般利用者や法人向けに展開していくと発表した。AI(人工知能)を活用し、フォロワーの増加や運用の効率化が期待できるという。

【こちらも】ホットリンク、インスタの最適なハッシュタグをAIが提案するツールを無料提供

 SNSを利用したマーケティングに取り組む企業が増えている。中でもインスタグラムは2018年、新規ユーザー数がフェイスブックやツイッターを上回り、国内ユーザーが2,900万に達したといわれる。これまで「シェア」の機能がなく、拡散性が低く「いいね」やフォロワーを増やすのが難しいといわれてきたが、最近では、インスタグラム内で直接店舗の予約や商品購入ができる機能も追加され、企業の注目度も高まっている。

 SNSマーケティングでは、以前は「バズらせる」ことが中心だったが、最近ではエンゲージ率(「いいね」やコメントなどの投稿の割合)を高め、企業やブランドのファンの拡大につなげていくことが主流になっているといわれている。

 デジタルパンダは、フォローや「いいね」、コメントの投稿などのアクションを自動化するオートメーションサービスだ。またインスタグラムをはじめとするSNSに投稿された画像やコメントなどのビッグデータや、「いいね」、フォローなどのアクションを最新のAI技術を活用して収集、分析するほか、エンゲージメント獲得機能やプロカメラマンを利用した運用代行サービス、専門家によるコンサルティングなども提供する。これまでは国内外の大手広告代理店やインフルエンサー事務所など限られた顧客に提供していたが、今回、一般企業やインフルエンサーにも展開することを決めた。

 今後もSNSユーザーは拡大していくことが予想され、それに伴い、SNSマーケティングの重要性も高まっていくと見込まれる。デジタルパンダは、効果的、効率的にターゲットユーザーをフォロワーとして獲得できるマーケティングツールとして利用者拡大を目指す。(記事:Kei_T・記事一覧を見る

関連キーワードInstagramビッグデータ人工知能(AI)

関連記事

広告