改元の影響、4割超の企業が「ある」 個人は約7割が改元後の景気回復期待

2019年3月21日 11:25

小

中

大

印刷

 帝国データバンクが企業に対して、楽天インサイトが成人男女に対して、改元や元号に関して行った調査の結果を発表し、景気回復や賃金上昇を期待している個人が多いことが分かった。

【こちらも】19年景気見通し、中小企業で下降見通し 大・中堅企業の上昇と格差

■4割の企業に改元の影響あり

 19日、帝国データバンクが「改元に関する企業の意識調査」を発表した。これは、全国の企業2万3,031社を対象として2月の景気動向調査とともに行ったもので、回答のあった9,701社分を集計している。

 改元にともなう影響について尋ねたところ、「プラスの影響がある」は5.3%、「マイナスの影響がある」は12.8%でマイナスがやや多め。「プラス・マイナスで差し引きゼロ」と答えた25.5%を足すと、約4割の企業に影響があることになる。また「影響はない」は38.9%、「分からない」は17.5%だった。

■プラス影響トップは旅館・ホテル

 プラスの影響があると答えた企業の割合が最も高かった業界は「旅館・ホテル」の30.4%。ついで「出版・印刷」が27.8%、「紙類・文具・書籍販売」が20.2%、「放送」が20.0%、「各種商品小売」が19.5%、「情報サービス」が18.0%など。プラスに対する具体的な回答では、「人々の気持ちの高揚」が13.5%、「個人消費の拡大」が8.7%、「改元特需の発生(設備改修など)」が7.9%、「改元特需の発生(新商品・サービス)」が5.7%などとなっている。

■マイナス影響トップは金融と電気通信

 マイナスの影響があると答えた企業の割合が最も高かった業界は「金融」と「電気通信」がともに27.3%。ついで「飲食店」が24.3%、「医薬品・日用雑貨品小売」が23.8%、「人材派遣・紹介」が22.2%、「運輸・倉庫」が20.5%など。マイナスに対する具体的な回答では、「営業日数の減少」が24.5%、「諸経費の増加」が14.6%、「人手不足の深刻化」が12.2%、「追加費用の発生」が11.9%、「通常業務への悪影響」が11.0%などとなっている。

■「改元に期待」は52.3%

 19日、楽天インサイトが「元号に関する調査」を発表した。これは、同サイトに登録しているモニター(約220万人)の中から20代から60代の男女1,000人を対象にアンケートを行ったもの。

 改元後に期待したいことについては「ある」と答えた人が52.3%、「ない」が47.7%となり、「ある」がやや上回った。男女別や年代別では、20代男性が66.3%と最も多い。ついで30代男性が56.8%、20代女性が56.6%、50代女性が55.6%となっている。一方で最も「ある」が少なかったのは30代女性で41.3%、ついで50代男性が46.9%、40代女性が49.6%となり、この3つの層で50%を下回った。

■景気回復が68.8%

 「期待したいことがある」と答えた人を対象として具体的に尋ねたところ(複数回答)、最も多かったのは「景気回復」が68.8%。ついで「賃金上昇」が50.9%、「少子・高齢化問題解決」が46.8%、「医療技術の進化」が44.2%、「子育て環境の改善」が39.8%、「自然環境保護・保全」が33.5%、「格差社会の是正」が30.0%と続いている。

 年齢層別では、「景気回復」は30代が83.7%となり、他の年齢層が60%台だったのに比べて15~20%程度多い。「賃金上昇」は20代が67.7%、30代が63.0%と多く、40代が53.4%、50代が44.6%、60代が30.2%と年齢層が上がるにつれて低くなる。「子育て環境の改善」は30代が68.5%と多くなっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード楽天帝国データバンク個人消費

広告