格安SIMの利用者、増加続く 最多は楽天モバイル MMD研究所調査

2019年3月15日 09:14

小

中

大

印刷

格安SIM利用者のうち4分の1が「楽天モバイル」を利用(写真:MMD研究所発表資料より)

格安SIM利用者のうち4分の1が「楽天モバイル」を利用(写真:MMD研究所発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 MMD研究所は12日、2月15日~22日の間、15歳~69歳の男女43,689人を対象に、インターネット上で実施された「2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表した。それによると、格安SIMをメインで利用する人は年に2.3ポイント程度増加しているという。また格安SIM利用者の4分の1が「楽天モバイル」を利用していることも判明した。

【こちらも】格安SIMサービスの満足度調査結果、多くが満足と回答

■増加する格安SIMの利用率 メインに「楽天モバイル」を選ぶ人は25.1%

 まずメインで利用する通信事業者について尋ねると、「docomo」33.8%、「au」26.1%、「SoftBank」19.2%、「Y!mobile」5.2%、「MVNO」12.3%との回答を得た。2018年9月度の調査にて80.6%だった大手3キャリアは、今回で79.1%と減少を見せている。

 2014年10月時は1.6%だった「MVNO」は今回12.3%。比較すると5年で10.7ポイントの増加となる。

 2014年10月時から約1年ごとに見ていくと、2014年10月時1.6%、2015年10月時3.8%、2016年10月時5.8%、2017年9月時8.5%、2018年9月時11.3%。平均して年に2.3ポイント程度増加していると分かる。

 また格安SIMの利用者にメインで使う格安SIMサービスについて尋ねると、最多は「楽天モバイル(旧FREETEL SIM含む)」25.1%。何と格安SIM利用者の4分の1ほどが「楽天モバイル」を利用していた。次いで、「mineo」12.7%、「UQ mobile」10.7%、「OCN モバイル ONE」8.4%、「IIJmio」6.7%と続く。

■契約プランや利用デバイス等実態は

 最後は格安SIM利用者が契約するプランと利用デバイスについて。契約プランを聞くと、「音声とデータプランの組み合わせ」70.2%、「データ専用プラン」29.8%。7割以上が音声つきのプランを選んでいた。

 利用するデバイスについては、「スマートフォン(Android)」55.9%、「スマートフォン(iOS/iPhone)」が34.0%、「モバイルルーター」3.9%、「タブレット(Android)」2.9%、「タブレット(iOS/iPad)」2.0%。半数以上が格安SIMを挿すデバイスに「スマートフォン(Android)」を選んでいた。(記事:楽趣みくす・記事一覧を見る

関連キーワードSIM格安SIMMMD研究所OCN モバイル ONE楽天モバイルmineoUQ mobileIIJmio

広告

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース