1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > MMD研究所(1)

MMD研究所のニュース一覧

MMD研究所が「スマートフォン決済に関する実態調査」の結果を発表。普段の支払い方法、若年層は「現金」、高齢層は「クレジットカード」の利用が多い。スマホ決済の利用は全体で16.4%。

政府は2020年東京オリンピック、25年大阪万博にむけ、またインバウンド政策の一環としてもキャッシュレス化推進を重要課題の一つと位置づけている。 10/02 08:48

高齢ドライバーによる交通事故が社会問題となっている

高齢ドライバーによる交通事故が社会問題となっている。 09/22 21:37

格安SIM利用者のうち4分の1が「楽天モバイル」を利用(写真:MMD研究所発表資料より)

MMD研究所は12日、2月15日~22日の間、15歳~69歳の男女43,689人を対象に、インターネット上で実施された「2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表した。 03/15 09:14

「ママが使っているアプリ・ネットサービスランキング2018」(画像: ママスタジアムの発表資料より)

インタースペースが運営する子育て中の女性を対象とした日本最大級ママ向けサイト「ママスタジアム」は25日、ユーザーが使っているアプリやインターネットサービスについての利用調査の結果を発表した。 12/26 11:54

MMD研究所が「2018年9月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を発表した。 10/01 22:27

MMD研究所は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間で「オンライン書店の利用に関する調査」を実施した。

MMD研究所は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間で「オンライン書店の利用に関する調査」を実施した。 07/12 16:49

MMD研究所の調査により、格安SIMの利用者が初めて10%を超えたことがわかった。これまで大きなシェアを占めてきた3大キャリアもこの現状に対処するべく様々なサービスを打ち出している。

スマホ利用者の間でその存在感を高めているのが格安SIMである。 03/27 09:45

MMD研究所が「公衆無線LAN利用者実態調査」の調査結果を発表した(窓の杜)。 12/26 17:22

MMD研究所は60歳~79歳の男女4,244人を対象に2017年6月6日~6月12日の期間で「2017年シニアのスマートフォン利用に関する調査」を実施した。 06/26 08:20

インターファームは格安スマホの利用について500人にアンケートを実施。格安スマホの普及率は25%。年収や情報感度が高い人ほど、格安スマホを使っている傾向が高いことがわかった。

インターファームは運営する格安スマホ・格安SIM比較サイト「すまっぴー」にて格安スマホの利用について500人にアンケートを実施。 06/20 08:16

MMD研究所は、15歳以上の男女36,692人を対象に2017年3月10日~3月24日の期間で「2017年SIMフリースマートフォン購入者調査」を実施いたした。 05/28 20:47

MMD研究所は、20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性552人を対象に「料理動画に関する利用実態調査」を実施した。 05/14 16:37

MMD研究所は、15歳以上の男女2,125人を対象に「2017年中古端末に関する購買動向調査」を実施した。

MMD研究所は、15歳以上の男女2,125人を対象に「2017年中古端末に関する購買動向調査」を実施した。 04/30 17:28

「格安SIMサービスの利用動向調査」によれば、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者は「docomo」が32.8%、「au」が29.6%、「SoftBank」が23.3%で、大手3キャリアを合わせると85.7%となっている。

携帯電話・スマートフォンの利用料金への不満から、格安SIMの利用者が増加している。 03/28 08:48

 1 2  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告