トヨタの下請け、最多業種はソフトウェアの受託開発業者

2019年3月14日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 帝国データバンクの『「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)』によると、下請け企業のうち最も多い業種は「受託開発ソフトウェア」だったという。

 pongchang曰く、

 ブレーキもエンジンもモーター制御も変圧器も、電子制御なので受託ソフトウエア開発が必要。その上で「CASE(コネクティッド化・自動運転化・シェア/サービス化・電動化)」があり、従来のカーナビゲーション・エンターテインメントだけではなく、さまざまなソフト開発が必要になっている。

 今回の調査は金額ベースではなく、下請け企業数での構成比である。「受託開発ソフトウェア」は、一次下請けで267社(構成比4.4%)でトップ。二次下請けで1340社(構成比4.1%)で最多となっている。

 なお、トヨタグループと直接取引を行う一次下請企業は合計で6091社、間接的に取引を行う二次下請け企業は合計で32572社だったそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
IT業界は最も遅れた労働集約型産業? 2018年08月07日
中小企業庁、下請け企業のコスト増加を大手企業が一部負担することを求める 2016年12月16日
日本メーカーは「ソフトウェア工場」の発想から抜け出せるか? 2014年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車自動運転帝国データバンク下請け

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース