中国の「ゲノム編集双子」、遺伝子編集の効果で「賢くなる」可能性

2019年3月4日 16:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年11月、中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行いHIV耐性を持つ子供を誕生させたことが報じられた。その後この発表は事実と確認されたが(過去記事)、この遺伝子編集の副次的な効果として「賢い」人間が誕生する可能性があるという(朝日新聞ナゾロジー)。

 問題となっている遺伝子編集では、HIVの感染を助ける「CCR5」という遺伝子を働かないような処理が行われたとされるが、このたび別の研究者らによって、脳に損傷が与えられた後の神経回路の回復にCCR5が関わっている可能性があることが報告された(Cell誌掲載論文)。CCR5の働きを抑えることで神経細胞の回復が促進され、また外傷性脳損傷が起きた場合の認知能力も改善したという。

 また、マウスを使った実験でCCR5遺伝子を切り取ることで「マウスが賢くなる」ことも確認されているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック

 関連ストーリー:
中国政府、「遺伝子編集の双子誕生」について事実と確認。主導した研究者は死刑の可能性も 2019年01月24日
遺伝子編集でHIV耐性を持つ子供を生み出したと主張する科学者、行方不明に 2018年12月05日
中国の研究者ら、遺伝子編集でHIV耐性を持つ子供を誕生させたことを明らかに 2018年11月27日
「知能の高い人間を作り出す」という遺伝子改変について多くの人は否定的 2018年08月07日
欧米のルールに阻害されない中国、遺伝子編集技術で先行 2018年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国HIV(ヒト免疫不全ウイルス)ゲノム遺伝子神経細胞

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース