1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > ゲノム(1)

ゲノムのニュース一覧

米製薬会社Abbottなどが、新しいエイズウイルス(HIV)の亜型(サブタイプ)を特定したと発表した。 11/12 21:44

研究の概略図。(画像:神戸大学発表資料より)

植物はその生涯に渡って増殖を続ける。 11/11 17:41

最初の解剖学的現生人類(anatomically modern humans)はアフリカのボツワナで20万年前に誕生したとの研究論文が発表された。 11/05 20:16

今回の研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学、理化学研究所等の共同研究グループは血中遊離DNAに存在する突然変異を高精度に検出できる手法を開発したと発表した。 10/31 12:35

ゲノムワイド関連解析の結果。赤矢印が今回の研究で同定された収量に関わるゲノムの領域。この領域で発見された14の候補遺伝子の中に、植物ホルモン「ジベレリン」のシグナル制御に関わるOsSPYが含まれていた。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

イネの収量増加は稲作に携わる人たちにとって共通の望みであり、遺伝子からのアプローチも多くの研究で行われてきた。 10/19 10:04

キンウワバトビコバチのライフサイクル。(画像:東京農工大学発表資料より)

キンウワバトビコバチは蛾を宿主とする寄生蜂である。 10/17 12:03

クローン繁殖体(無性芽)によるゼニゴケの栄養繁殖。(画像:神戸大学発表資料より)

無性生殖を行う植物は珍しくない。 10/14 10:02

宝ホールディングス傘下のタカラバイオは7日、「Cas9タンパク質」に関して、ゲノム編集に最適とされるGMPグレードの商品を発売した。 10/13 10:32

原始細胞のモデル。情報と触媒機能を担う各分子へと進化する。(写真:東京大学の発表資料より)

東京大学は4日、分子生物学の基本原理であるセントラルドグマが、物理学における自発的対称性の破れによって説明可能であることを示したと発表した。 10/04 19:28

OIST生態・進化学ユニットの研究者たちがマイクロCTスキャンを利用して撮影したバロアダニ。バロアダにはミツバチのコロニーを脅かす存在。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

蜂群崩壊症候群はミツバチに大量死を引き起こす現象である。 10/03 18:57

カリフォルニア大学デービス校の研究から、猫のマーキング物質が肛門嚢に住みついている微生物によって作られていることが明らかにされた。

飼い猫がコミュニケーションに利用するマーキング物質の多くは、猫の肛門に住む微生物が作ることを、カリフォルニア大学デービス校ゲノムセンターの研究が明らかにした。 09/17 11:42

ケニアに生息するストライガ(Striga asiatica)。(画像:理化学研究所発表資料より)

その恐るべき生態から「魔女の雑草」と呼ばれる病害植物ストライガ。 09/14 12:26

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 京都大学の発表資料より)

がんの発生メカニズムの解明やiPS細胞を用いた治療において鍵となるのが、「エンハンサー」と「プロモーター」である。 09/12 12:07

沖縄のサンゴ礁を泳ぐイイジマウミヘビ(真ウミヘビ類)。写真提供:笹井隆秀(琉球大学)

ある種の動物は、いったん陸棲に進化した後海棲へと回帰した。 09/12 11:57

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告