1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 神経細胞(1)

神経細胞のニュース一覧

GABA機能を欠損させたマウスで確認された体内時計の乱れ(画像:北大の発表資料より)

睡眠障害や精神疾患、糖尿病などのリスクを高くする体内時計の乱れ。 06/25 18:39

アルツハイマー病予防に繋がるロスマリン酸の作用メカニズム(東京大学発表資料より)

東京大学、金沢大学、福島大学などの研究グループは、マウスを用いて、ポリフェノールの一種であるロスマリン酸の摂食が、アルツハイマー病の主病態となる脳内のアミロイドベータの凝集を抑制することを発見した。 06/19 22:07

記憶痕跡細胞の活動と記憶の関係(富山大学表資料より)

富山大学は、脳内の経細胞集団の活動を光で測定する技術を開発し、自由行動状態のマウスの脳内で、新たな経験が脳内に記憶として保持される仕組みを世界で初めて観察した。 06/17 19:54

患者から発見された脳神経疾患に関与するタンパク質「ATP6AP2」の遺伝子変異。(写真:東北大の発表資料より)

東北大学は11日、遺伝子変異に由来する新生児の脳委縮が発症する仕組みを、一部明らかにしたと発表した。 06/12 19:36

東芝が脳の空間認知機能を小型の脳型AIハードウェアで再現。脳・海馬の機能を模倣・再現、小型ロボット等への実装を可能とし、将来は自律移動型ロボット等の小型化向けた活用が期待される。

一般にAIは人間の意識化された理性(機械的推論)を模倣し問題解決するものが多い。 05/30 08:32

東芝が、「脳の空間認知機能を小型の脳型AIハードウェアで再現」との発表を行った。 05/29 20:31

【2019秋冬東京 ハイライト2】「AT TOKYO」不在の中、問われる東京の真価

アマゾンファッションウィーク東京2019秋冬が開催されている。 03/23 00:01

AIが従来のコンピューターソフトウェアとは異なるものとして期待されている最も大きな要素が、その学習機能だ。 03/15 17:03

ウニ幼生の胃と幽門の簡略図。(画像:筑波大学発表資料より)

幽門というのは胃と腸の接続部分のことである。 03/11 18:02

昨年11月、中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行いHIV耐性を持つ子供を誕生させたことが報じられた。 03/04 16:44

GANの仕組みと今回の開発技術(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は1月31日、2つのAIを競わせてリアルな画像生成を実現する敵対的生成ネットワーク(GAN: Generative Adversarial Network)において、演算量とメモリ量を10分の1に削減した「コンパクトなGAN」を世界で初めて開発したと発表した。 02/03 12:07

富士フイルム和光純薬は、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの神経疾患の治療薬開発に使える、創薬支援用iPS細胞由来分化細胞「アイセルミクログリア(iCell Microglia)」を1月下旬より発売する。 01/09 08:47

理研の脳科学チームが個性の発生について脳科学的な研究成果を発表。動物の行動選択の違いは環境からの刺激に対する感受性の個体差によると解明。ヒトらしく振る舞う人工知能の開発に貢献。

1987年、ニューヨーク市場でブラックマンデーと呼ばれる株価暴落があった。 12/07 09:09

マウス嗅球僧帽細胞・房飾細胞のTetbow法染色例(画像: 九州大学の発表資料より)

九州大学は、脳内の複雑に絡まった神経回路を、個々の神経細胞ごとに異なる蛍光色に染色して、回路の繋がりを解明できるようにする手法:Tetbow法の開発に成功した。 11/21 19:33

 1 2 3 4  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • DS 3 CROSSBACK。(画像:プジョー・シトロエン・ジャポン発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告