1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 神経細胞(1)

神経細胞のニュース一覧

【2019秋冬東京 ハイライト2】「AT TOKYO」不在の中、問われる東京の真価

アマゾンファッションウィーク東京2019秋冬が開催されている。 03/23 00:01

AIが従来のコンピューターソフトウェアとは異なるものとして期待されている最も大きな要素が、その学習機能だ。 03/15 17:03

ウニ幼生の胃と幽門の簡略図。(画像:筑波大学発表資料より)

幽門というのは胃と腸の接続部分のことである。 03/11 18:02

昨年11月、中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行いHIV耐性を持つ子供を誕生させたことが報じられた。 03/04 16:44

GANの仕組みと今回の開発技術(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は1月31日、2つのAIを競わせてリアルな画像生成を実現する敵対的生成ネットワーク(GAN: Generative Adversarial Network)において、演算量とメモリ量を10分の1に削減した「コンパクトなGAN」を世界で初めて開発したと発表した。 02/03 12:07

富士フイルム和光純薬は、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの神経疾患の治療薬開発に使える、創薬支援用iPS細胞由来分化細胞「アイセルミクログリア(iCell Microglia)」を1月下旬より発売する。 01/09 08:47

理研の脳科学チームが個性の発生について脳科学的な研究成果を発表。動物の行動選択の違いは環境からの刺激に対する感受性の個体差によると解明。ヒトらしく振る舞う人工知能の開発に貢献。

1987年、ニューヨーク市場でブラックマンデーと呼ばれる株価暴落があった。 12/07 09:09

マウス嗅球僧帽細胞・房飾細胞のTetbow法染色例(画像: 九州大学の発表資料より)

九州大学は、脳内の複雑に絡まった神経回路を、個々の神経細胞ごとに異なる蛍光色に染色して、回路の繋がりを解明できるようにする手法:Tetbow法の開発に成功した。 11/21 19:33

マサチューセッツ工科大学が『Journal of Neuroscience』に、幼児の言語能力発達について最新の研究結果を発表した。 08/17 11:43

脊椎動物とホヤの神経板境界領域の模式図。(画像:筑波大学発表資料より)

筑波大学と米国・プリンストン大学の共同研究グループは、脊椎動物の頭部感覚器を生み出す頭部プラコード、神経堤細胞の進化的な起源とその発生プログラムを明らかにしホヤから脊椎動物へと至るその進化の一端を解明した。 08/12 10:56

オスのマーキング領域に惹きつけられるハエ。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)の研究グループは、発光バイオセンサーを利用した研究によって、ハエの一種キイロショウジョウバエがcVAというフェロモンによって行動を調節する新しいコミュニケーション戦略を発見した。 08/12 08:09

研究内容の模式図。(画像:生理学研究所発表資料より)

うつ病は社会的影響の大きな疾患であり、その解明は切迫した課題であると言える。 06/17 18:31

厚生労働省の調査によると、2012年時点での認知症患者は約462万人、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)は約400万人と推計されている

超高齢社会を迎えた我が国にとって、深刻な社会問題となっているのが「認知症」だ。 06/10 23:02

●36時間機能していた切断された豚の脳 イェール大学の研究者ネナド・セスタン氏とその研究チームによると、体から切断された豚の脳が、36時間生存していたことが確認された。 05/04 21:56

 1 2 3  次へ進む

広告

広告