パート労働者比率、2018年は31%に近付く

2019年2月10日 17:26

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 厚労省が8日発表した2018年毎月勤労統計(速報)で、従業員5人以上の事業所に勤める労働者の30.88%がパート労働者になったことがわかった。前年に比べ0.17ポイント増加。30年第4期に限ってみると31.18%と31%台にのぼった。

 それによるとパートタイム労働者の月額現金給与額は9万9813円で前年に比べ1.3%の増。このうち決まって支給される給与は9万7336円。前の年より1.2%の増。特別に支給される給与は2477円で、前の年より4.5%の増だった。

 パートタイム労働者の統計では表記されているのは「労働者が概ね100万人を超える産業のみ」となっているため、現金支給総額が高い電気・ガス業や情報通信産業は表記がない。調査対象産業別でみると、製造業が12万995円で最も多く、前年比1.5%増。次いで、医療・福祉の11万9085円。前年に比べ1.4%減。最も低いのは飲食サービス業などの7万6824円。前年に比べ0.9%増だった。(編集担当:森高龍二

■関連記事
全ての事業所を対象に「有給休暇を取得させる義務」法制度化
「配偶者控除150万円」。予想どおり効果無し。働き方調整した1.7%のみ
信用できない政府統計 信頼回復へ誠実な対応を

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース