Google、フィッシングメールの見分け方を学習できるクイズを公開

2019年1月26日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Googleは22日、クイズ形式でフィッシングメールの見分け方を学習できる「Phishing Quiz」を公開した(MediumThe VergeSlashGearMashable)。

 クイズを開発したJigsawによれば、毎日数百万人がフィッシングメールのリンクをクリックしていることから、フィッシングメールが使用する偽装テクニックとともに見分け方を学習できるようにすることが目的だという。クイズは全8問。Jigsawがジャーナリストや活動家、政治的指導者を対象に世界中で実施しているセキュリティトレーニングをベースにしているそうだ。

 なお、冒頭で名前と電子メールアドレスの入力を求められるが、これらはクイズで表示するためだけに使用され、外部に送信されることはないとのこと。そのため、必ずしも自分の名前と電子メールアドレスである必要はない。スラドの皆さんには物足りないかもしれないが、ご感想はいかがだろう。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | セキュリティ | 教育

 関連ストーリー:
Amazon、顧客の名前や電子メールアドレスをWebサイトで誤って公開したとの通知を送って混乱を招く 2018年11月23日
Twitter、スパム報告機能を細分化して強化 2018年11月06日
スマートフォンの普及により、紛らわしいドメインを使った詐欺サイトの被害が増加中 2018年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleセキュリティフィッシング

広告

財経アクセスランキング

広告