コージーコーナー、ちょっと贅沢な味わいの「濃厚スイーツフェア」開催

2018年10月30日 16:14

小

中

大

印刷

「ジャンボシュークリーム (濃厚ショコラ)」(画像: 銀座コージーコーナーの発表資料より)

「ジャンボシュークリーム (濃厚ショコラ)」(画像: 銀座コージーコーナーの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「濃厚バターのアップルパイ」
  • 「濃厚キャラメルショコラ」
  • 「濃厚ベイクドカマンベール」
  • 「濃厚チョコミルクレープ」
  • 「濃厚ブラウニーショコラ」
  • 「濃厚ティラミスタルト」
  • 「濃厚ショコラタルト」

■濃厚さで勝負するコージーコーナーの秋冬スイーツ

 銀座コージーコーナーでは11月1日より、「“濃い”に恋する季節」をコンセプトに、コクのある素材をいつもよりちょっと贅沢に使った商品8種類を発売する。濃厚なチョコレートやコクのあるチーズをたっぷり堪能できるラインナップとなっている。デザートとしてではなく、スイーツをメインにしっかり楽しみたいという人にもオススメだ(価格はすべて税込)。

【こちらも】ハーゲンダッツ「和みあずき」が期間限定で4年ぶり復活

■ちょっと贅沢な濃厚スイーツのラインナップ

 「ジャンボシュークリーム(濃厚ショコラ)」:151円
 ナッツのような香りと程良い酸味が特長のベネズエラ産カカオマスを使ったチョコレートを使用したシュークリーム。濃厚なショコラの味わいを堪能できる。ジャンボサイズならではのボリューム感にも満足いくメニュー。

 「濃厚バターのアップルパイ」:486円
 秋冬のスイーツの代表格とも言えるアップルパイ。芳醇で濃厚なバターの風味とたっぷりのりんごで贅沢な味わいが楽しめる。

 「濃厚キャラメルショコラ」:486円
 相性の良いキャラメルとショコラのコンビを堪能できるスイーツ。ナッツ入りのタルトクラムチョコクランチが食感のアクセントになっている。ほろ苦さとナッツの香ばしさで大人向けの味を演出。

 「濃厚ベイクドカマンベール」:486円
 カマンベールチーズとクリームチーズを絶妙なバランスでブレンドして焼き上げたメニュー。甘さ控えめでありながら、ベイクドチーズの深いコクと濃厚な味わいが楽しめる。

 「濃厚チョコミルクレープ」:421円
 ココアクレープ、チョコガナッシュ、チョコクリームをチョコスポンジの上に重ねたチョコ満載の濃厚スイーツ。トッピングされたココアパウダーのほろ苦さが、大人っぽいビターな味わいに仕上げている。

 「濃厚ブラウニーショコラ」:453円
 ブラウニータイプでしっとりとした食感が特長の濃厚なチョコレートケーキ。ケーキの上に飾られたクリームには、飴かけアーモンドと塩キャラメルソースがトッピングされている。とにかく濃厚なチョコレートを堪能したいという人にオススメのメニュー。

 「濃厚ティラミスタルト」:486円
 濃厚なチーズムースとコーヒーが香るココアスポンジ、ほろ苦いココアパウダーがアクセントのタルト仕立てのティラミスケーキ。

 「濃厚ショコラタルト」:496円
 チョコカスタードにチョコガナッシュを重ねたショコラタルト。濃厚でビターな味わいの中に、オレンジリキュールの爽やかな香りも楽しめるメニュー。

■秋冬バージョンのプチケーキも

 濃厚スイーツと同日に発売される「プチセレクション~楓菓~」(2,268円)もちょっとした手土産にオススメな商品。りんごのタルトやキャラメルナッツケーキ、モンブランタルトなど全部で9個のプチケーキの詰め合わせとなっている。

 これからの寒い季節にぴったりのスイーツが並ぶコージーコーナーのメニュー。家族や友人と一緒に食べるのはもちろん、自分へのちょっと贅沢なご褒美としてもオススメできる。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

関連キーワードチョコレートケーキ銀座コージーコーナー

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース