IBM、眠そうな人を探し「眠気覚まし」を届けるドローンの特許取得

2018年9月21日 22:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 IBMが、センサーを搭載した無人航空機(UAV、いわゆるドローン)を使い、眠そうな人を探して眠気覚ましを届けるという特許を米国で取得したそうだ(CNET Japan)。

 「眠気覚まし」の例としてコーヒーが挙げられており、またこの特許にはUAVに対してジェスチャーで飲み物を届けるよう支持する、という内容も含まれているという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | パテント

 関連ストーリー:
米Amazon.com、合体するドローンの特許を取得 2017年02月02日
米Amazon、手のひらサイズドローンの特許を取得 2016年10月25日
特許出願予定/出願中の技術を使ったドローン、国内では事実上飛ばせない 2016年05月08日
Amazon.com、顧客が商品を購入する前に商品を出荷する手法の特許を取得 2014年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBM特許

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース