NASA、米民間宇宙船による初の有人宇宙飛行に乗務するクルー9名を発表

2018年8月5日 23:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAは3日、米民間宇宙船による初の有人宇宙飛行に向け、有人テスト飛行と最初のクルー輸送ミッションに割り当てる9名のクルーを発表した(プレスリリース)。

テスト飛行に乗務するのはボーイングのStarlinerが3名、SpaceXのCrew Dragonが2名。初の宇宙飛行となるStarlinerの1名を除き、いずれもスペースシャトルのミッション経験者だ。StarlinerはAtlas Vロケットによりケープカナベラル空軍基地SLC-41から、Crew DragonはFalcon 9ロケットによりケネディー宇宙センターLC-39Aから打ち上げられる。

米国内から有人宇宙船が打ち上げられるのは、2011年にスペースシャトル計画の最終ミッションが終了して以来、初めてのことだ。2社それぞれ有人テスト飛行成功後、NASAは通常のクルー輸送ミッションに必要な宇宙船の最終認証プロセスに入る。

最初のクルー輸送ミッションに乗務するのはStarlinerとCrew Dragon各2名。いずれも初の宇宙飛行となるクルー1名と国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在経験者1名の組み合わせになっている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ビジネス | 国際宇宙ステーション | サイエンス | アメリカ合衆国 | NASA

 関連ストーリー:
米民間宇宙船によるISSのクルー交代ミッション、最悪2020年8月まで遅れる可能性も 2018年07月16日
米副大統領曰く「アメリカは再び有人月探査を目指す」 2017年10月09日
SpaceX、垂直着陸型有人宇宙船の開発を断念 2017年07月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカNASAロケットSpaceXFalcon 9国際宇宙ステーション(ISS)ボーイング

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース