韓国裁判所、「テコンV」は創作物 酷似玩具の製造販売業者は著作権侵害

2018年8月4日 23:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 韓国のロボットアニメ作品「テコンV」の権利者が、韓国内でテコンVに酷似した玩具を販売した業者を著作権侵害で訴える訴訟が起きている(毎日新聞朝日新聞サンケイスポーツ)。

 テコンVは日本の「マジンガーZ」などのロボットアニメから強い影響を受けており、「模倣」「パクリ」などと評されることがあるが、問題となった玩具を製造・販売していた業者も「テコンVは模倣作であるため著作権保護の対象外である」と主張していたそうだ。

 ソウル地裁はこの裁判で、「テコンVはマジンガーZやグレートマジンガーとは違う独立した創作物、またはそれらに手を加えた2次創作物にあたる」と判断。その上でテコンVの著作権を認め、問題の業者は著作権を侵害しているとして賠償金の支払いを命じたとのこと(レコードチャイナ)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 海賊行為

 関連ストーリー:
本家に似せた装丁のFGO同人誌、二次創作ガイドラインに抵触するとして販売差止申し立てを受ける 2017年10月14日
あの「テコンV」、デジタルリマスターされ日本で公開 2010年06月04日
自分の作品を「無断で使用している」と言われたらどうする? 2009年04月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害韓国裁判マジンガーZ

関連記事

広告