美容師が見る男性の頭髪 シャンプーできていない10代、臭い気になる40代

2018年7月17日 07:22

小

中

大

印刷

 連日、35度越えの暑さが全国各地を襲っているが、暑くなってくると気になるのが臭いだ。身体の臭いは自分で分かることが多いが、頭の臭いは意外と本人は気づかないことが多い。そこで頭髪の専門家に質問。マンダムは都内の大手有名サロンの美容師100名に男性客の頭髪に関する意識調査を行った。

【こちらも】世界初、体臭を「見える化」する測定器 コニカミノルタが発売 AI活用

 最初の質問は、男性客で毎日のシャンプーがきちんとできていない年代は?というもの。多い順に、10代(44%)、60代(39%)、50代・40代(共に38%)、30代(32%)、20代(26%)という結果になった。日々の洗髪が最もできていないのは、10代だった。また40代以上も4割近くの美容師が洗えていないと感じている。

 頭の臭いが気になる年代は?という質問は、40代(69%)、50代(61%)、30代(58%)、60代(48%)、10代(36%)、20代(25%)の順に。毎日の洗髪がきちんとできていないのは10代が多かったが、臭いについては40代が最多だった。次いで50代、30代とミドル世代を中心に頭の臭いが気になっていた。

 さらに臭いについて一歩踏み込み、頭のあぶらっぽい臭いのする年代は?という質問は、40代(27%)、30代(24%)、50代(17%)、10代(14%)、60代・20代(共に9%)の順に。「あぶらっぽいニオイ」についても、40代が27%で最多となり、次いで30代、50代とミドル世代が続いている。

 10代男性が一番洗髪できていない年代だが、頭に臭いが気になるのは40代だった。また、頭のあぶらっぽいニオイを美容師が一番体感しているのは、40代男性だった。臭いの原因だが、ミドル脂臭の可能性が考えられるそうだ。このミドル脂臭の特徴は、汚れが落ちにく、頭皮脂がたまりやすいという点だ。しかも、ミドル男性の頭皮脂は若い男性よりもねっとりと落ちにくいため、ニオイも落ちにくくなると言われている。ミドル世代になると、頭髪の臭にも気にしたほうがいいかもしれない。(記事:久保圭大郎・記事一覧を見る

関連キーワードマンダム

関連記事

広告