オーストリア裁判所、YouTuberの著作権侵害の責任はYouTubeが負うと判断

2018年6月13日 20:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 オーストリア・ウィーンの商業裁判所が、YouTubeが投稿者の著作権侵害に対し直接責任を負う立場であるという予備判決を下した。

 YouTube側は電子商取引法の規定に基づく中立的なホスティングプロバイダであると主張していた。しかし、商業裁判所は、YouTubeが動画の表示方法を整理して最適化する行動をとっていることに着目。中立的なホスティングプロバイダ以上の存在であると判定した。その結果、第三者が侵害コンテンツをアップロードすることを防止する義務をYouTubeが負うとの結論を下したという。ただし今回示されたのは予備判決であるため、法的拘束力はないとのこと。YouTube側は正式な判決が出るまで立場保留という考えである模様(TorrentFreakSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権 | YouTube

 関連ストーリー:
ホワイトノイズだけのYouTube動画に5件の著作権侵害申立 2018年01月06日
EFF曰く、オンラインビデオから音声トラックを抽出するサービスは違法ではない 2017年10月27日
YouTubeで実際には著作権を保持していない第三者が著作物利用に関する異議申し立てを行うケースが多発中 2017年06月06日
カラオケを歌う様子を撮影した動画をYouTubeにアップロードすると著作権侵害になる可能性がある 2017年05月17日
米国の著作権団体とISP、4年間運用された著作権侵害警報システムの運用を停止 2017年02月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害オーストリアYouTube裁判

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース