大坂なおみ、初のツアー優勝 テニスBNPパリバ・オープン

2018年3月19日 16:44

小

中

大

印刷

 18日(現地時間)、アメリカ・インディアンウェルズでテニスBNPパリバ・オープン決勝が行われ、大坂なおみがダリア・カサキナ(ロシア)と対戦した。世界ランキング44位の大坂は、同19位のカサキナに6-3、6-2のストレートで勝利、初のツアー優勝を達成した。今大会は4大大会に次ぐ第5のグランドスラムともされる大きな大会であり、このカテゴリーで日本人女子が優勝したのは初。有力選手を次々と撃破しての優勝でもあり今後の活躍が期待される。

 第1セット第1ゲーム、大坂は硬さがほぐれないのかミスを連発し、いきなりブレークされる。しかし、続く第2ゲームでブレークバックしたことから安定した試合展開となる。第7ゲームでカサキナは2度のチャレンジがともに成功、ブレークチャンスを握るも大坂のサービスエースなどで粘られブレークできない。すると続く第8ゲームではカサキナにミスが目立ち、ここで大坂がブレークに成功、このまま第1セットを6-3で奪う。

 第2セットも第1ゲームから大坂が先にブレーク、カサキナにはチャンスを与えない展開となる。第5ゲームでは大坂がブレークチャンスを握り、デュースに持ち込まれるも好調のストロークが決まって再びブレークする。勝負を決めたラストショットも今大会、印象的なライン際へのストロークだった。

関連キーワードテニス大坂なおみ

「スポーツ」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース