米IBM、人工知能Watsonの6機能を無料提供 翻訳や性格分析など

2017年10月31日 07:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ymachida曰く、 米IBMの人工知能Watsonによる翻訳や性格分析など6種類の機能が、11月から無期限無料で提供されると報じられました(日本経済新聞Nikkei.com日経ITpro)。

 IBM Watsonは2011年にアメリカのクイズ番組でクイズ王に勝利し100万ドルの賞金を獲得したことで知られる、人工知能の質問応答システムです。現在はそのAPIが一般の開発者に公開されています

 11月から、Watsonによる4つの機能(翻訳、テキストからの性格分析、会話、対話による意思決定支援)に加えて、ビッグデータ解析、IoTに対するデータ処理も無料で提供されます。Watsonの基本的機能を無料で利用してもらうことで、Watsonの能力を理解してもらうのが、無料提供の目的だとしています。一方で、音声からテキストへの変換や画像認識といった機能は有料のままになる予定です。これまでは、登録により3か月間Watsonを無料で試用できたものの、それ以後利用するのは有料でした。

 Watsonが無料で使えるとなったら、何をさせたいですか?

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | IBM

 関連ストーリー:
ヤフー、顧客からの問い合わせを人工知能で処理へ 2016年11月02日
FacebookとAmazon、Google、IBM、MicrosoftがAIの普及などを目指す非営利団体を立ち上げる 2016年10月03日
人工知能Watsonを搭載した自動運転マイクロバスOlli 2016年06月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカビッグデータ人工知能(AI)IoT(Internet of Things)IBM

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース