マツダ、3列シートの新型SUV「CX-8」の外観画像を先行公開、今秋発売

2017年7月25日 16:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

新型CX-8のボディは全長×全幅×全高4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm。同社のミッドサイズSUVのCX-5に較べると車幅はほぼ同じだが、全高が40mmほど高く、全長が350mmほど長い

新型CX-8のボディは全長×全幅×全高4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm。同社のミッドサイズSUVのCX-5に較べると車幅はほぼ同じだが、全高が40mmほど高く、全長が350mmほど長い[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは、2017年中に発売予定の、国内向け新世代商品として初めて3列シート採用する新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の外観画像を一部公開した。

【こちらも】マツダ、3列シート採用の新型SUV「CX-8」を今秋国内発売

 「CX-8」は、マツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルだ。新型CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUV。多人数乗車が可能なユーティリティと上質感を両立した、マツダの新しい提案であるす。

 デザインについては、「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもユーザーの感性を刺激し続ける先進性を目指し、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化させたという。

 国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材のひとつ一つにまで吟味を重ねているとも。

 CX-8のボディ寸法は全長×全幅×全高4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm。同社のヒット作でもあるミッドサイズSUVのCX-5に較べると車幅はほぼ同じだが、全高が40mmほど高く、全長が350mmほど長い。つまり、CX-5のボディ全長をストレッチした印象となりそうだ。乗車定員は6名と7名のふたつの仕様があるようで、「2+3+2」つまり2列目がベンチシートとなるモデルと、「2+2+2」のキャプテンシート仕様がありそうだ。

 搭載エンジンは、同社の真骨頂ともいえる新世代クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D 2.2(4気筒2.2リッター)となり、組み合わせるトランスミッションは、6速オートマティックとなる。

 マツダでは、多人数乗車ミニバン・セグメントから撤退しており、このCX-8で、従来マツダ製多人数乗車ミニバンのユーザーを丁寧に拾っていくことを狙っているもよう。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
往年の名車が集結する「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」、8月4日開催
自動車メーカー各社のタカタへの引当額は1兆2,402億円
マツダ、CX-3に2リッターガソリンエンジン搭載車を追加、正式発表
カタログ燃費と実用燃費の乖離はなくなるか、「マツダCX3」WLTCモード認可
セダン不調は世界的な流れ バリエーションの統廃合も?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダSKYACTIVクリーンディーゼルSUVクロスオーバーCX-5CX-8

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース