BMD能力でイージス艦8隻体制を急ぐ 安倍首相

2017年5月29日 08:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は27日の内外記者会見で、北朝鮮に対する対処能力の増強などについて記者団の質問に答え「BMD(弾道ミサイル防衛)については現在6隻保有するイージス艦のうち4隻がBMD能力を有しているが、さらに2隻にBMD能力を付与する改修を進めるとともに2隻の新規建造を進めており、8隻体制の実現を急いでいる。また、日米共同開発中の新型迎撃ミサイルの配備も進めていく」とした。

 安倍総理は、さらに「現行の中期防衛力整備計画が来年度で期限を迎えるので、国家安全保障会議において、アジア太平洋地域の安全保障関係をしっかりと考慮し、検討を行っていきたい」と日本の防衛力強化と日米同盟による抑止力、対処力を強化していく考えを述べた。

 安倍総理は、これまでの取り組みについて「安倍政権は10年間にわたり削減されてきた防衛費を再び増加させ、5年連続で防衛費を増やすことを既に決定し、実行している」としたほか、憲法9条解釈を変更したことにより実現した安保法制を根拠として、自衛隊の活動範囲が広がり「日米が日本を守ることにおいて、お互いが助け合うことができる同盟になった」とし「米国の空母打撃群と海上自衛隊、航空自衛隊との共同訓練を実施することができた。抑止力向上においては大きな意味があった」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北朝鮮問題 G7サミットで議論リードと総理
北極星2型配備指示含め「新たな脅威」と防衛相
中韓と首脳レベルで緊密なコミュニケーションを
金正恩委員長、北極星2型の実戦配備承認
北が弾道ミサイル1発を発射、今年に入り8回目

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊安倍晋三北朝鮮日米同盟弾道ミサイル安全保障安保法制海上自衛隊航空自衛隊