配偶者控除「できるだけ早く改善を」経団連会長

2016年10月26日 09:08

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本経済団体連合会の榊原定征会長は配偶者控除について「103万円の壁は是正するべきである。この問題を巡っては、様々な案が出ては消えているが、いずれにせよ損をする人と得をする人が出てくることになり、税収にも影響する。すべてを勘案したうえで、女性の働き方の環境整備を優先的に考え、できる限り早期に改善すべき」と25日までの記者会見で考えを示した。

 また原発再稼働について「安全確保が最優先課題」としたうえで「国の原子力規制委員会が安全基準を定め、審査を行っており、この審査に合致した原発については安全確保を前提に住民の理解を得た上で再稼働してほしい」と改めて、原子力規制委員会が新基準で適合していると判断したものについては、住民の理解を得て再稼働を求めた。また、榊原会長はCO2削減の点も含めて考える必要があるとした。

 このほか、憲法改正について「日本国憲法は制定から70年が経過しており、時代に即したものに改正することは、一般論としてはあり得ることである。一方、今、わが国にとっての最優先課題はデフレ脱却・経済再生であり、そこに向けて、脇目もふらずに取り組まなければならない。憲法改正の議論が経済政策に係る国会審議や政策の推進へ影響することがあってはならない」と憲法議論が原因で国会審議が支障をきたすようなことはあってはならないとけん制した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
103万円の壁『撤廃必要』茂木自民政調会長
配偶者控除「政府・与党税調で議論丁寧に」総理
若年層・低所得層配慮へ所得控除見直し 麻生氏
老後は妻の働きが必要 その落とし穴とは
「女性は出産後もずっと働く方がよい」3ポイント低下 世論調査

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード榊原定征日本経済団体連合会(経団連)配偶者控除働き方

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース