ヒューマノイドロボット「Pepper」における感情認識エンジンの生みの親、光吉俊二氏が登壇

2016年2月26日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■クリーク・アンド・リバー社の子会社が「みんなのPython勉強会祝10回記念・2015年度総集編」を開催

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証2部)の子会社、リーディング・エッジ社は3月8日(火)、「みんなのPython勉強会祝10回記念・2015年度総集編」を開催する。勉強会は、世界的に活用範囲と人気が拡大しているプログラミング言語Python(パイソン)の学習と情報交流の場となる。

 今回は、特別講師としてヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」における感情認識エンジンの生みの親、光吉俊二氏( 東京大学大学院医学系研究科 特任講師)を招くほか、ベストセラー「Pythonスタートブック」の著者である、辻 真吾氏(東京大学先端科学技術センター 特任助教)も登壇する。当日は、感情認識エンジンがPythonを使ってPepperにどのように実装されているのか、というここでしか聞けない話題からプログラミング初体験者がPythonに取り組むための最初の一歩など、話題満載の勉強会となる。

申し込み・詳細 http://startpython.connpass.com/event/25269/ ※既に満席となっているため増席を検討中 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【鈴木雅光の投信Now】株価急落時でも資金流入続く「ひふみ投信」(2016/01/25)
株式投資情報・新着記事情報一覧(2016/02/22)
【アクセスランキングで読む株式投資】日間・週間・月間の人気記事は?(2016/02/22)
【妻と夫の株ロマン】95%の確率で相場は今が底、次のヤマは5~6月、日米とも政治的「狭間」(2016/02/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連キーワードペッパー(Pepper)ロボット東京大学ヒューマノイド

関連記事